Q ウェブ上で同意の取得の際、フォームのチェックボックスをあらかじめチェックしておいても問題はありませんか?
A 特定電子メール法上は特に記載はありませんが、ガイドラインでは『デフォルトオンと比較して、デフォルトオフの方が、受信者の意思がより明確に表示されることになるのは確かであり、サービスの内容等にもよるが、その実施が可能な場合には、デフォルトオフによることが推奨される。』とありますので、あらかじめはずしておく方がよいでしょう。
チェックボックスをあらかじめ入れておく場合は、赤字などでチェックボックスをはずさないと広告・宣伝メールが送信される旨をはっきりと記載しておくのが良いとされています。

 

Q モバイルでのメール送信の際、表示がしきれないのですが解除方法や連絡先をリンク表示でも大丈夫ですか?
A 『送信責任者の住所、苦情等を受け付けるための電話番号等については、リンク先を含む任意の場所』とありますので、リンク先のURL上に利用解除方法やお問合わせ方法など必要な情報がわかりやすく記載されている場合はURLのみでもかまいません。

 

Q 表示義務についてですが、どこに記載してもかまわないのでしょうか?
A 同意を得るための表示などは本文の前後にあるのが望ましいとされています。
末尾にある場合は画面をスクロースしなくても見えるようなわかりやすい場所に、本文末尾に広告・宣伝メールの配信の意思確認箇所があることを記載することを推奨しています。
規約同意の条文中などにある場合もよく読まなければわからない場所にある、非常に小さい箇所に付属的に記載されている、薄い文字で認識しにくいように記載されている、「関連サイト・姉妹サイトからの広告メールの受信に同意したものとします」というような曖昧な表現は好ましくないとされていますので、別途わかりやすく表示するのが良いでしょう。
投稿日:2012年9月6日 作成者:admin

コメントは閉鎖しています.

Copyright © 2012 対策と解説 ~特定電子メール法(迷惑メール)~
  • 会社情報